忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/23 07:15 】 |
【2010-004】ボルト
初めてブルーレイで映画を観ました。
やっぱりアニメかな、と思ってボルトをチョイスしました。

ボルトボルト (2008)

【監督】バイロン・ハワード
【出演】


★★★★ [80点]「動物の人権」

ストーリーとしては実にディズニーらしいわかりやすいモノでした。

けど、想像した展開と少しずつズレがあって、それが楽しめました。



最近はドラマとかCMとかに動物、特に犬が出てくることは珍しくありませんが、彼らの考えてることは私たち人間には分かりません。



もしかしたら、ソフトバンクのCMのお父さん犬もボルトのように設定を現実だと信じ込んで、自分はホントに上戸彩のお父さんと思い込んでいるかもしれません。



この作品のテーマは、きっと「人と動物の絆」みたいなとこにあるんだと思うんだけど、ボルトがいなくなったら新しいボルトが出てきたり、動物を商品として扱っているペットショップ?の人たちが痛い目にあったり、「動物の人権」的なことも裏テーマにあるような気がしました。


Posted by やまも島-movie on 2010/05/16 with ぴあ映画生活


やっぱり、ウォルトディズニーの作品はストーリーがわかりやすくて、見やすい。
こないだはアリスを見て、今回はボルト。
どちらも単純なテーマの裏にもう1つテーマがある気がしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PR
【2010/05/16 23:24 】 | Movie | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<【2010-004】ふわふわ焼きコロッケ | ホーム | JBVツアー2010第2戦ファイテンビーチバレー大日本印章オープン大会>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>